教材費用その2(システム教材費):栄光ゼミナールの授業料(月謝)は幾らかかる?


スポンサードリンク

栄光ゼミナール

>>今すぐ資料を取寄せる(無料)

教材費用その2(システム教材費)

どんな学習塾であれ、教材は月々の月謝・授業料などとは別に購入する必要があるのが一般的です。 四谷大塚であれ、SAPIXであれ、日能研-知の翼-であれ、それぞれ教材は使用しています。

それは、栄光ゼミナールも同じです。


塾で実際に、使用されている教材は下記の通りです。

  • ジュニア新演習(小学二年生用:国語・算数)
  • 小学生標準新演習(小学三年生から小学六年生用:国語・算数(3年・4年)、4教科(5・6年))
  • 私国立中受験新演習(小学三年生から小学六年生用:国語・算数(3年)、4教科(4・5・6年))

このうちの、私国立中受験新演習は、特に評判も良いもので、他塾でもよく使用されている私国立中受験対策において、必須のテキストとも言えます。

とにかく、難関中学の入試で求められる図形問題やハイレベルな出題にも対応できるような内容になってます。 (新演習は、一部の教科は数量限定販売のため、学習関係者以外の一般の方にはなかなか入手しにくいとか)


さて、肝心の教材費用ですが、実際に資料を取寄せても、この部分は「別途教材のご案内」参照になっており、実際の価格が分からなかったりします。

しかしながら、管理人が実際に調べてみると、その教材の費用は、大よそ2000円程度くらいで、 栄光ゼミナールで使用する新演習は、塾用教材として、特殊な仕様で、通年版を使用しているようです。

ですので、大よそ教材費用として、4教科なら約1万円程度は見ておいた方が良いように思います。

その他、栄光ゼミナールでは、これ以外に、別途「システム教材費」というものもあります。 新演習の学習に沿って使用する、「学習プリント」が配られますが、それに該当する費用などですね。

このシステム教材費は、1教科あたり月に500円弱かかりますので、こちらも費用として考慮しておきましょう。

カテゴリー:授業料の料金は幾ら?

栄光ゼミナール

>>今すぐ資料を取寄せる(無料)

教材費用その2(システム教材費):関連記事

教材費用
栄光ゼミナールのテキストは、実際に他の学習塾でも使われており、かなり有効な学習ができると評判が良いも...

テスト費
栄光ゼミナールでは、定期的に行われる独自の統一模試のテストやアタックテストがあります。それらの費用...

入塾金
栄光ゼミナールでは、月謝や授業料の他に初期費用として「入塾金」が必要です。 これは、地域によっても...

栄光ゼミナールは、通常のコースの他、高等部のナビオ(NAVIO)や個別指導のビザビ(Vis-a-Vis)などの色々なコースがあります。

所在地ですが、地方では、北海道(札幌)、宮城(仙台校)、関西圏(京都市・長岡京市校など)などにもありますが、主に首都圏全域に展開されています。本部はさいたま市です。

首都圏であれば、調布校・日野校・吉祥寺校・昭島校・目白校・自由が丘校・鷺沼校などなどほとんど関東全域にありますので、興味があれば、最寄のゼミに一度問い合わせてみるのが良いかもしれませんね。